音楽についてあれこれ

昔好きだったアルバムを買い直し聴き直してみた

One Live Badger/Badger

 

1973年作。YESの初代キーボードプレーヤーだったトニー・ケイが結成したバンド、Badgerの1stにしてライブアルバム。

脱退した後もYESの前座をやっていたくらいで(これはその時の録音)関係は良好だったよう。

ギターもいいしボーカルも曲もアレンジも、すべてが最高。はっきり言ってYESより好きだった。

という当時の印象だったので、CDを買って聴き直してみた(レコードは当時同室の友達が持っていて私は持ってなかった)。

結果は・・・・・やっぱり良かった。ボーカルがもっと良い印象だったけど。でも悪くない。

これを聴くと自分に足りないものが何なのかを知らされた気分。(^_^;)

            2017.5.16

 

これも同じく、買って聴き直したよ

Morning Way/Trader Horne

 

1970年作。

Fairport Conventionの初代ボーカリスト、ジュディ・ダイブルが元Themジャッキー・マッコーリーと結成したフォーク・デュオ、Trader Horne。

これも当時自分は持っていなかったが、聴き直してみたらほとんど聞き覚えがあった。友人から借りてどんだけ聴きまくったのか(笑)。

当たり前だけどフォーキーさが

心地よい。メロディもアレンジもいいし。

当時、ジュディはクリムゾンのイアン・マクドナルドの恋人だったはずで(アルバム『マクドナルド&ジャイルズ』のジャケットにペアで写っていたのがそうだった気が)、それにより当時の私の好きだった4グループが繋がったのだった。

つまりフリー(の発展形のバッド・カンパニーのボズは元クリムゾン)、キング・クリムゾン、フェアポート・コンベンション、

 あれ? あとひとつは何だろう? ツェッペリンかなあ?4thにサンディ・デニーが参加してるし・・・いや違うな、何だったろうか。

えー思い出したら追記します。すみません。すごすご。

            2017.6.3

 

12弦について

多分12弦ギターの存在を知る前から、その手の音色が好きだった。

例えばチェンバロとか。

 

で、いつ12弦ギターの存在を知ったのか、今や定かではないが、加瀬邦彦が持つよりはもっと前だったと思う。ビートルズでもバーズでも、あの音色がそれだと知っていたと思う・・・な。

黛ジュンの「霧のかなたに」のイントロが好きだった。けどそれが12弦と知っていたかは忘れた。

最初に入手した12弦は、Serenade時代に花本君にもらった(買ったのかも)ヤマハのアコースティック12弦(花本君は楽器マニアなのかもしれない。他にマンドリンやバイオリンまで持っていた! 今もシタールギターを持ってるんじゃなかろうか)。

次がフェルナンデスSG型。これはどうやら試作品で、量産はされなかった模様。どこかの楽器フェアで買い取った記憶が・・・。惜しいことに失くしてしまった。

で、次がリッケン。予備としてヤマハのパシフィカも。

何だかんだで、ZO-3やミニエレアコも含め、ひと頃は6台持っていた。異常だ!(笑)

今はほとんど処分してリッケンパシフィカのみ。

音色が好きなのは今も変わらず。(^.^)

            2017.6.25